鵺本ログ

Category: 創作小説(R15・全年齢)

関西コミティア58参加予定

2020年5月24日(日) にインテックス大阪2号館にて行われる、関西コミティア58に参加することになりました。正確には現時点では、抽選で漏れなければ、ですが……。抽選、有るのか……?
いや、イベントがあってもなくても私は参加する気満々でガシガシ動きますが。

はい。というわけで、えみりの本出します!!!
本編に加筆修正する感じのやつです。おそらく「えみりちゃんといぬ」は入らないので、前編の「えみりちゃんのいぬ」のみになりそう。
せっかくなのでイラストレーターさんに依頼してべらんぼうにうめぇ表紙を描いて貰って、ゴリゴリの本に仕上げたいと思います。

あと余裕があったら何かしらのホラー短編も……!短編集って言ってるけど、こっちは一本出せたら良い方だな……出せたら良いな……希望……。

詳細はまた決まり次第お知らせします。かしこ。

そこは空虚な檻の中

iらんど側のURL変更につき、ブログ本文を修正致しました。

先月のことになりますが、珍しくR18じゃない話を投稿してました。
短編、しかもなろうではなく、まさかの魔法のiらんど。
恋空で一世を風靡した、あのiらんどです。
なぜiらんどだったのかというと、ソーシャ文庫さんの短編小説賞があったから……というなんともよこしまな理由です。
内容は、 両親に従順に生きてきたお金持ちのお嬢様が、絶対にこいつだけは嫌だと思っていた心底めんどくさい見合い相手のクソ男に気に入られてしまう話という、いつもの鵺本です。
エロが規約的に禁止だったので極力穏便に済ませた結果、ヒーローが若干それっぽい言葉を口走ったのみで終わりました。頑張って、我慢した……。
なお、ヒーローはヒロインからガチめに 「穢らわしい」 と言われてしまうような奴です。いつもの。

そんな感じで(?)、いつもに比べれば背後から誰かに見られても気まずくならない感じの話にしたつもり(当社比)なので、鵺本初心者の方におすすめです(毒気薄め)

以上、よろしくお願い致します。

らくがきまとめ

色々ツイッターに投げたイラストが溜まってきたのでまとめました。

長いので続きからどうぞ。時期的には去年11月〜今年4月現在のものです。

ラフからちゃんと塗ったものまでごった煮。(プチコメント付き)

告知諸々もしないとだめなのですが、それは次回の映画感想ブログ更新の冒頭でやろうと思います。f:id:nueayad76:20180424033159j:plain

Continue reading

エイプリルフール(のつづき)

 もうリアル1ヶ月が経ちましたが、エイプリルフールにこんな絵をTwitterに投稿していました。

f:id:nueayad76:20160505043138j:image

 箱庭の乙女の男体化、その名も「箱庭の少年」!

 そのまんまと言うツッコミはご勘弁を。
 で、その時は時間が無くてこのイラストだけだったんですが、本題はこのイラストではありません。
f:id:nueayad76:20160505043255j:image
 すべてはこの漫画のための盛大なネタ振りだったのです……。
 久しぶり、たぶん3年ぶりくらいに漫画を描きました。
 ちょっとは上手くなっていることを祈りたいです。
 では、今回は短いですが以上です。
 今は燃え尽き症候群で何も書く気がしません。
 もう少し経てば復活すると思いますので、それまでしばしお待ちください。

時効

f:id:nueayad76:20160225165654g:plain

バレンタインSSなどなかった、イイネ?(無理)

初っ端からいきなりこんな展開で申し訳ありませんが、

 

時間がなかった。

 

……そんな訳で、せっかくイラストだけは数週間前に完成させてたので、お蔵入りも勿体ないなってことで公開。

 

f:id:nueayad76:20160225165703g:plain

 

 私の近況。

 ようやく無職を脱しました。

 厳密には無職というか、バイトなし学生を脱しました。

 

 周りの友人がバイトを始めただの、その他バイトの愚痴を聞かされるたびに

「やべぇ、私もバイトしなきゃ。金もないし」

 と、思ってはいたのですが、その友人たちの愚痴の内容が生々しすぎて

「バイトはブラック、一度入ったらやめられない。バイトはブラック、一度入ったら(以下略)」

 というある種の防衛本能というか、バイト=やばいものという認識が根付いてしまったといいますか……。

 

 まぁ、とにかく半引きこもりぐーたら学生は脱したのです。

 良かったネ。

 

 で、何のバイトなの?と言われると、在宅のやつです。

 内職とはまた違うんですが、音声データをタイピングして文字に起こす「字起こし」というバイトが世の中には存在しまして……。

 

 え? 家から出る気はないのかって? 

 せっかくタイピングが速い方なんだから、それを活かせばいいじゃない! 

 なんのために文芸部に所属してたり小説書いてたりしたんだよ! 今こそそれを有効活用しようぜ! 私の中の悪魔がそう囁いたのだから仕方ない。

(真面目に言うと、週に何回も入らなきゃいけないバイトは一年間大学生活を送ってみて無理だと思った。倒れるってか死ぬ。肉体的な意味で)

 

 んで、それに採用されるにはどうするかというと、私が応募したところは簡単な字起こしのトライアルテストをやらされ、それの結果により採用か非採用か決まる、って感じでした。

 

 それで、今朝無事に採用通知が来ましたので、無事に無職を脱したよってお話しでした。はい。

 

 私の場合トライアルのデータを送ってから結果が来るまで一日ほど空白の時間があった訳なのですが、もう待ってる間ずっと胃が痛かったです。

「ダメならダメと言ってくれ! そういう焦らしプレイはいい! 潔く落としてくれ!! いっそのこと殺せ! 慈悲はいらん!! 」

 そんな感じで半ばヤケクソでした。

 いや、もうほんと痛かったです。

 

 かといって今は穏やかなのかと言われると、全然穏やかじゃないよ。

 

 もう一個別件でお仕事の採用試験を申し込んでみたんですが、進歩悪すぎてマジで胃が痛い。

 人間いざとなったらマジ、ヤバイ、死ぬ、の三つしか言えなくなるんだなってことを悟り始めた最近です。

 

 マジヤバイ死ぬ。

 

 

Copyright © 2020 鵺本ログ

Theme by Anders NorenUp ↑