鵺本ログ

Month: 2月 2019 (page 1 of 2)

フェスの記念品

f:id:nueayad76:20190219035506j:image

先日「蛆の住処」が佳作を頂いた、ティラノゲームフェス2018の記念品が届きました。

本当はもうちょっと前に届いてたんですが、すっかりブログに載せるのを忘れてた。

大事に飾らせていただこうと思います。

nueayad76.hatenablog.com

 (蛆の住処に関しては過去のブログ参照)

また、前々から考えていたのですが、せっかく佳作を頂いたのでその記念に、何かしか「蛆の住処」グッズを製作・販売しようと思っています。

3月16日にちょうどBOOTHで自作ゲーム関連のアイテムを売るフェスみたいなのがあるので、そこ合わせで出そうかな、と。

Twitterで密かに実施したアンケートではアクリルキーホルダーが一番多かったので、たぶん美夜子のアクキーになります。

(余裕があったら、違うの作ってもいいかもしれない)

 

さらばMAC、こんにちはchromebook

過去の記事で、今使ってるmac book airを返さなきゃだめだから新しいの買わなきゃなぁっていう話を何回かしてたんですが、その返却期限がいよいよ来週になりました。

制作用として3Dゲームとかもゴリゴリ動くお高いデスクトップPC買ったので(過去記事参照)

nueayad76.hatenablog.com

データ移行作業自体は問題なく終わったんですが、いざノートパソコンがなくなるとなるとそれはそれで何かと不便。

文字書いたりするのは場所を選ばないノートのほうが便利だし。

やっぱノーパソも欲しいよなぁ! でももうスペック高いのは家にあるからそんな高機能なノーパソはいらねぇ! ほんと、動画見たりevernoteで文字書いたりするだけでいいんだ!

そんなわけで。

f:id:nueayad76:20190214210005j:plain

www.asus.com

chromebookを買いました。機種はASUSのc423。

chromebookってなんぞ?って感じの人も多いかもしれないので説明を軽くしておくと、名前の通りgoogle chromeに特化したノートパソコンです。

windowsともmacとも違う、本当webブラウザに特化したものといいますが。

すべての動作をクラウドで解決させようみたいなパソコンで、必要最低限まで機能を絞っているため安くて、低スペックでもそれなりにサクサク動くんですが(ネット軽く見てブログ更新する分には十分)、word、excel動かないし、当然Photoshopも入れられない。重い処理は一切出来ないです。

ノートパソコンの形はしてるんですけど、どちらかといえばアンドロイドタブレット寄りの商品だと思います。(実際アンドロイドアプリ動く機種も多いし、私の買った機種も動くやつです)

これ買うまでに色々普通のノートパソコンも比較検討したんですが、いかんせんスペックの割に値段高くない?という感情が強くて、なかなか踏ん切りがつかなかったんですよね。

決定打に欠ける感じというか。

なので、ここはあえてChromebook、という感じで思い切って買ってみました。

(私の基準で)普通のノートパソコンで、重さが軽めで、最低これくらいのスペックないと嫌、っていうのだとだいたい12万超えてくるのが、これだと機能が最小限なので5万以下で買えてしまう。

いや、5万も決して安くはないのですが。

一気に十数万出すよりはましかなっていう。

サブ機だしいいんだよ、こんなもんで。

 

それで早速Evernoteに試しに打ったりしてたんですが、アプリ版Evernoteはめちゃくちゃ重くて使い物になりませんでした。というか、割とアンドロイドアプリ版ベタ移植みたいな感じで、使えないことはないんですけどちょっとそれは違うな?っていう。

いやいや、私はこのパソコンで小説とかブログ書いたりするために買ってるんだぞ、原稿データは全部エバノ管理だぞ、そのエバノが使い辛いってのはやばいぞ〜?っていうか、プロットと本文横並びに表示できないんですけど。えっ、まじかよ、と、今日の昼間ちょっと焦りを覚えていたりしたのですが、その辺の問題はブラウザ版を使うことで解決しました。

うん。Evernote、ブラウザでも使えるんですよ。

それでいろいろ試行錯誤した結果、インターネットブラウザを無理矢理2ウィンドウにすることで解決しました。力技。でも、見れたらそれでいい。(中身はちょっと見せられないんですけど)

f:id:nueayad76:20190214213028p:image

まあ、これなら使えるかな。

一応使い辛いと文句垂れたアプリ版にも存在意義はあって、Evernoteって基本クラウドで文章管理するアプリケーションなんですが、アプリ版だとオフライン状態でも文章を見れるんですよ。

あと、オフラインで書いたものをあとでネット接続して同期、ということも出来ます。

便利だね。ぶっちゃけ今の現代日本でネットが完全に繋がらない場所に行くことってそうそうなさそうなので、あんまりアプリ版使うことはなさそうな気はしますが、何があるかは分からないものですし。

ないよりは、あったほうがいい。

 

画面もフルHDなので綺麗だし。動画も画面が大きい分快適。

デスクトップのパソコンわざわざ使うほど重い作業はしないけど、パソコンじゃないとちょっと不便だな、スマホで文字書くよりパソコン(キーボード)で書いたほうが早いな?みたいな絶妙なさじ加減の軽作業をするには最高のパソコンです。ただ、ただ本当に、あくまでメイン機があったうえでの、サブパソコンとしての運用を強くおすすめします。

これメインでやってくのはちょっと、かなり無理があると思う。

動画も見れるポメラみたいな感じなので。

一応リモートデスクトップっていう機能で自宅にあるでかいwindowsマシンを仮想的に遠隔操作するっていうことは可能なので、簡単なノベルゲームとかだったらこれで遊ぶと楽しいかもしれないですが今回はそのへんの話は割愛。知りたい人はググってください。

 

タイピング感はなんとも言えないんですけど、打ちにくくはないです。

コンパクトで普通に使いやすい。軽く使う分には十分。

そうそう、こういうのでいいんだよ。

 

それにしても、見た目mac book air(左)とそっくりだな……。  

f:id:nueayad76:20190214211350j:plain

 

雑記

ブログ移転をどうするか、自分のサーバーにまるっと移転するのありかなー、どうしようかなーと優柔不断で、「wordpress」という細かいレイアウト(CSS)めちゃくちゃ弄れるブログサービス的なやつに今のブログ記事移行作業とかやってたんですが、

自由すぎてぶっちゃけめんどくさい。

そんなわけで、新しい記事はwordpressで書こうかなと思ったんですが、結局はてなに戻ってきました。(テンプレート変更で茶を濁す)

 

いやほんと、投稿が楽……。ブラウザ起動して、ちょちょっと打ったらすぐ投稿できる。天才の所業。レイアウトも最初から割と出来上がってる。最高。

MACの時カスタマイズ性低すぎてイラっとするみたいなこと言ったんですが、カスタマイズでき過ぎるとそれはそれでわけわからなくなる、ということがよく分かりました。

私が弄れるのは簡単なhtmlとcss(と、ほんのちょっとだけjavascript)だけなんじゃい。phpはわからんのじゃい!!(半ギレ)

サイト移行ついでにメールフォームもphpで一から作ろうかなと思ったんですが、めんどくさかったんでやめました。もうすぐめんどくさいって言い出す……。いけませんね、向上心……。向上心……。世のエンジニアさんはすごい。

そんな無謀な作業をしつつ、でも早々に投げ出し、今日はもそもそsteamでめぼしいゲームないか漁ってました。うん、旧正月セールだったから……。ねこぱらを買った。

もう……積んでるゲーム多いのに、セールがあると新しいのを買い始めてしまう……。ゲームを買うという行為自体が所有欲を刺激するというか、割と楽しいので、ついやってしまいます。だめだこりゃ。

それでまあ、色々何か安くていいのないかなぁとツイッターでも色々と見ていたら、ふとこんな記事を発見しました。

ほう。PC版FF14無料配布とな。

 

一応この「twitchプライム」というものがなんなのか説明すると、アマゾンプライムに加入している人が利用できる特典の一つです。

そもそもtwitchっていうのはゲーマーの人がゲーム実況を配信するサイトなんですが、元をたどれば運営がアマゾンだったりします。なのでアマプラ入ってる人は、twitchの特典も無料で使えるよっていう。

で、twitchはゲーマーの人向けに特典としてゲーム内アイテムとかを、このtwitchプライムの会員の人によく配ってるんですが、今回その特典としてFF14のスターターパックが丸ごと来たよって感じです。

FF14ってネトゲなので色々バージョンも出てて、発売されてる機種も色々あるんですが結構そこが複雑で、詳しいことはwikiとか公式見れば分かるんですが、ゲーム本体部分(今回無料で配られたやつ)と、コンテンツを追加するアップデートディスク(7月に新しいのが出る)を買ったうえで、それに加えて月額利用料金も1000円前後追加でかかってきます。

(ちなみに、機種展開的にはPS4とパソコン……と、一応PS3もあるみたいなんですがこれはあまりお勧めされておらず……。まあ、PS3も結構出たの前だしな。あ、今回無料で配られたのはパソコン版です。公式に書いてるんですが、まぁまぁ要求スペック高い。)

 

一応今回配布されたスターターパックには一ヵ月無料利用権ついてるので、ひとつきは無料で出来るけど、それ以降遊びたかったら月額料金払ってねっていう。

まあ、最初にゲームソフトのお金とこの月額料金払っちゃえばそれ以外の課金ポイントはほぼないみたいなので、ネトゲとしては良心的、らしいです。

とにもかくにも。

前々からリア友に「一緒にやろう……楽しいぞ……」と勧められてたのでこれを機にダウンロードするか、と思って今この記事書いてる後ろでダウンロード作業してるんですが、

f:id:nueayad76:20190210012223p:plain

全然、終わる気がしない。

 

せっかく(アマプラ入ってる影響で)twitchプライムなんだし、なんかゲーム配信したいなぁと思いつつも、配信環境整えるのも楽じゃないな、と思う今日このごろ。

つたのやかた、はじめました

――服膺(ふくよう)なさい。すべては、大いなる森の意思のお導きのままに。

 

 

ムーンライトノベルズ に、「蔦の館」という新作を投稿しました。内容が色々アレなのでR18です。うん。
前々からやるやる言ってた触手です。森で触手で精飲で邪神。やばい邪神に気に入られてしまった、罪のない村娘の話。
でも触手要素は割とおまけっぽいので、そこまでヘビーには出てこないです。苦手な人も安心ですね(?)

ちなみに、割とホラー色強いです。蔦の館と言うだけあって、館ものホラー的な。
グロとかはないのでそこは大丈夫なんですが、主にヤンデレゴミカス男(ヒーロー?)が気持ち悪すぎる的な意味でのホラーです。

いつものじゃん、知ってた。

そういう意味で一応残酷な表現ありにチェック入れてるんですが、これに関しては半分保険ですね。連載終わってそうでもなかったら外そうと思います。

 

ファンタジーなので説明することが多いと言うか、エロ始まるまでちょっと時間掛かるんですが、始まってからはがっつりキモいエロばっかなのでそこの辺もご安心(?)ください。
それなりに長いお話になると思うので、気長に付き合ってくださると嬉しいです。

 

ゆめゆめ忘れるな。

私たちは、森に生かされている。

こんにちは「https://nueayad76.com」

サイトを有料サバに移転しました。

https://nueayad76.com

移転先のURLです。念願の独自ドメイン……!!

(余談ですが、独自ドメイン色々探してる時、マイナーな奴だと契約料金4円とかで笑いました。更新料はそれなりに取られるので、結局無難に.comにしましたが。この辺興味ある人は「お名前.com」とか「ムームードメイン」で調べてみてね)

前のURLがめちゃくちゃ長かったのでちょっと短すぎる気もしますが、これくらいすっきりしていた方が収まりはいいような気がします。

URLの元ネタ的なのは、ずっと使ってるTwitterのidです。愛着あるのでもうこれでいこうっていう。

サイト移転して具体的に何が変わったわけではないですが、長年容量の都合もあるし広告もうざいし、変えたいなぁ変えたいなぁ、と思っていたところを、ついに、やりましたよ。(ガッツポーズ)

これで時折サイトに短いブラウザゲーム上げるとかも出来るようになるはずなので、余裕があったらやっていきたい所存。ティラノビルダーも使いこなしていきたいんじゃ~~~。

ちなみに、契約したサーバーはロリポップです。最後までさくらにするかロリポにするか悩んだんですが、値段と、途中で契約コースをアップグレードできるところに惹かれました。(ダウングレードは出来ないです)。

そっっっっこまでアクセス数爆増することはないと思うので、アップグレードは当分しなくていいはず。

まあ、年々存在感を増すあの下からスクロールしてくるうざい広告を剥がしたかったのが一番の移転理由なので、今のすっきりしたページめちゃくちゃ気に入ってます。快適だね。

そのうち余った空間にバナー広告とかは張り出すかもしれないけど、そんでもあの下からにゅっと出てくるうざい広告がなくなったらこっちのも

 

さて、サイトは移転したものの、ブログの方はどうするか考え中です。

はてな、楽なんですよね……。広告もそこまでゴリゴリにうざいわけではないし。

昨今の流行的にはwordpressに乗り換えとかになってくるんでしょうけど、いや、やっぱはてな楽だよ。

そんなわけで、とりあえずは無料プランのまま、ブログははてなにお世話になり続けようと思います。

 

はぁーーーー、卒制の研究発表会ももうすぐ終わるので、それ終わったら小説の、更新を……。

Olderposts

Copyright © 2021 鵺本ログ

Theme by Anders NorenUp ↑